ホーム > ソフトウェア >
BeLook6  
Software | Reference | FAQ | Technique | Laboratory | Download
CAD図面対応ドキュメント ビューア シェアウェア
\1,944(税込)
 対応ファイル
 サムネイル表示
 一覧表示
 印刷機能
 検索機能
 操作性
 基本仕様
 動作環境
 対応プラグイン
 BeJW4と比較
 BeTree7と比較
 バージョン履歴
 ダウンロード
v6.30 2016/8/29
    BeLook6はCAD図面ファイル(SFC・P21・DXF・JWW・JWC・JWS・JWK・DWG)、画像ファイル、Officeファイルなどを検索し、サムネイルまたは一覧表示できるエクスプローラ風のドキュメント ビューアです。

エクスプローラと同じような操作でファイルを見ながらファイル操作ができます。
表示画面

SXF・JWW・DWGなどの9種類の図面に対応
  1. SXFデータ交換形式の図面ファイル(SFC)、SXF Version 2.0対応
  2. SXF電子納品形式の図面ファイル(P21)、SXF Version 2.0対応
  3. AutoCAD形式の図面ファイル(DWG)
  4. Autodeskデータ交換形式の図面ファイル(DXF)
  5. Jw_cad for Windows形式の図面ファイル(Jww)バージョン2.30〜7.00
  6. JW_CAD for DOS形式の図面ファイル(JWC)
  7. Jw_cad形式の図形ファイル(JWS)
  8. JW_CAD形式の図形ファイル(JWK)
  9. Autodesk Drawing Web Format(DWF)、DWFプラグインが必要
BMP・JPEGなど標準で5種類の画像に対応
  1. SXFの画像ファイル(TIF)
  2. ビットマップ形式の画像ファイル(BMP)
  3. JPEG形式の画像ファイル(JPG)
  4. GIF形式の画像ファイル(GIF)
  5. PNG形式の画像ファイル(PNG)
  6. Windows拡張メタファイル(EMF)
  7. Windowsメタファイル(WMF)
    Susieプラグインを利用して多種の画像表示が可能
対応Officeファイル他
  1. Word文章ファイル(DOC) *
  2. Excelファイル(XLS) *
  3. PowerPointファイル(PPT) *
  4. テキスト形式のファイル(TXTなど)
  5. Portable Document Formatファイル(PDF)、Adobe ReaderまたはAcrobatが必要
  6. SketchUpファイル(SKP)、Google SketchUpが必要
    * [プロパティ]の「ファイルの概要」タブの「プレビューの図を保存する」をチェックして保存が必要
サムネイルや詳細などを表示
  • 最大64図面までサムネイル表示できます。
  • サイズ・更新日時の並び替え可能で、図面ウィンドウのタイトルバーに属性を表示できます。
  • タイトルバーにバージョンやメモなどのファイル情報を表示できます。
  • 1分割表示では、JW_CADと同様のマウスドラッグやマルチタッチで拡大縮小や移動などの表示操作ができます。
  • ファイル名・サイズ・更新日時・ファイル情報などを並び替え可能な詳細表示ができます。
サムネイルと一覧印刷で提出資料
  • 分割表示に応じてサムネイル印刷ができます。
  • ファイル名・サイズ・メモなどを一覧印刷できます。
図面ファイルとフォルダを検索
  • ファイル名とメモからJWW・JWCファイルを検索し、開いたり表示できます。
  • ファイルのあるフォルダの検索し、フォルダを切替えできます。
素早いフォルダ切替え
  • フォルダを最大16までお気に入りに追加して、メニューからフォルダを切替えられます。
  • 最大16までのフォルダの履歴メニューから直前のフォルダを切替えられます。
  • ショートカット メニューから「マイ ドキュメント」と「デスクトップ」のフォルダに切替えられます。
  • マイ ネットワーク」に対応しています。
  • ネットワーク ドライブの割り当てと切断ができます。
  • サブフォルダの作成ができます。
  • ドライブまたはフォルダの情報を表示できます。
図面を見ながらファイル整理
  • ファイルをフォルダにドラッグ&ドロップし、ファイルのコピーと移動ができます。
  • ファイルの名前変更と削除ができます。
  • LZHとZIP書庫ファイルの作成できます。(UNLHA32.DLL, 7-zip32.dllが必要)
  • LZH書庫ファイル内を検索し、最新のファイルに自動更新できます。
  • メールシステムが動作する環境で、ファイルを添付してメールを送信できます。
  • ファイル名・サイズ・更新日時・表題などをCSVファイルにエクスポートできます。
  • ファイル名をクリップボードにコピーできます。
アプリケーションと連動
  • ファイルをダブルクリックして、関連付けされているアプリケーションで開けます。
  • ファイルをドラッグ&ドロップして、他のアプリケーションに渡すことができます。
感覚的な操作
  • 代表的な機能(コマンド)はツールバーにアイコンで表示しています。
  • マウスの右クリックで、ショートカット メニューを表示します。
  • ショートカット メニューから「送る」が実行できます。

©2003-2016 Primesoft